2019-08-24
カテゴリトップ>オーディオアクセサリー関連>バランスケーブル
ACROLINK アクロリンク XLRケーブル 7N-DA2090 SPECIALE INTERCONNECT CABLE XLR 1.5mバロックの作曲家、アントニオ・ヴィヴァルディの名曲“四季”。その演奏表現シーンが激変しています。激しく、狂おしく…。曲は「春」、「夏」、「秋」、「冬」の4曲で構成されますが、少し前まではそれは“宮廷の典雅な響き”をひたすら目指して、演奏する方も、聴く方もそれに何の疑いを持つことはありませんでした。が、それが人間の深層に沈殿している耐え難い苦痛や蠢く苦悩を見過ごすことができないかのように変化しています。今も昔もほぼ同じ楽譜に内包される“狂気の音符”を発見、新しい表現方法を多くの演奏家が競っているかのようでもあります。より高忠実度で精密な伝送を目指して来たオーディオ技術が音の細部まで再現できるようになって、埋もれていた未知の音が聴こえるようになった、その事実が音楽の解釈・演奏に何らかの貢献を果たしました。そんな自負を胸に秘めてさまざまな分野の最上級の新素材や新技術をリンクして常に最先端のオーディオケーブルをリリースするアクロリンクに新作が生まれました。それはアクロテックから継承・改名したアクロリンクの10周年を記念すべき集大成モデルであり、かつアクロリンク・ハイエンドモデルとなります。アナログ伝送の低周波領域からデジタル伝送の超高周波領域まで最高度の完成度を実現する超ローノイズ・ワイドレンジ・ケーブルです。その名は特別。イタリア語でスペチアーレ。7N-DA2090スペチアーレ、誕生。

7N-DA2090 SPECIALE の、イメージを一新する深みのある漆黒仕上げのケーブルは、外シースのすぐ内側に配されたUEW編組シールドに施されたマルチレイヤーポリウレタンコートによるものです。その強固な物理特性は高いダンプ効果を発揮。音像がよりクリアに、ノイズレベルが一層下がって静謐な空間に音が見事な立体音像として立ち現れます。いうまでもなく、このUEW編組は7N-DA2090 SPECIALE のために新規開発・特注生産されたものです。7N-DA2090 SPECIALE のケーブル本体の基本的構成は定評ある2芯シールド方式を採用。中心導体はアクロリンク独自の未だ日本でしか製造できない超高純度7N Cu D.U.C.C. Stressfree 0.26φ×19本を適切なテンションを掛けながらホット側とコールド側は相互干渉やノイズを回避するために信号伝送の流れに沿った巻き方向として、整然かつ高密度に撚りあげたアクロリンクのいわば黄金定番を採用。そしてPVCの約1/4という低誘電率特性を有する高分子ポリオレフィン系樹脂で被覆。この2本の導体には電磁波吸収非磁性体糸とシルク糸を沿わせて万一の極小レベルの帯電とノイズをカット。音が空間にのびのびと拡散してゆく再現能力に寄与しています。そしてこれら4本はさらにタングステンとアモルファス粉体を混合して、不要振動を極限まで除去するハイブリッド高分子ポリオレフィン系樹脂で被覆して2芯のメインケーブルに成型。その後、銅箔テープで隙間なく巻き上げ、さらに7N Cuの高密度編組、Noise BEATRテープ (NTTアドバンステクノロジ株式会社開発による、広帯域で放射ノイズ低減と外来ノイズ耐力向上の双方に同等の効果を発揮する高電磁波吸収性能を実現した磁性箔を積層した樹脂フィルム)、そして漆黒の外観を生み出すUEW編組に至ります。すべての不純物を対象として純度を極めた世界最高水準の7N高純度銅導体と、最新の素材による膨大な試作とリスニングを重ねて構築されたシースとシールド構造がオーディオ機器本来の再生能力をフルに発揮させます。

オーディオケーブルの“音質”を評価するとき、コネクターが占める比率は意外な程大きく、全く本来の評価すべきものと違うところでの評価になってしまうことがあります。アクロリンクに於いてはケーブル本体の開発とそれに相応しいオリジナルコネクターの開発はキープコンセプト実現のために同時進行が絶対的な基本原則です。その方法はたとえばコネクターを使用せずアンプの基板に直接ハンダ付けをしてケーブル自体の音を聴く…。そして次にセンターコンタクトの候補である素材を少し長めにしてその間に入れてまた音を聴く。数ある素材の中からリスニングを繰り返す…。そんな作業の積み重ねを経て、7N-DA2090 SPECIALE では、ベリリウム銅50が選ばれました。RCAコネクターのセンターピンの素材にはよ導通性が高く、強度などの物理特性も堅固であることも大きな条件の一つ。その条件もクリアする新しい素材です。メッキはさまざまな組み合わせがある中、もっとも音像定位や音場再現性に優れた銀下地に厚肉ロジウムメッキという構成を採用しています。また、RCAコネクターとケーブルの付け根部分にある袋ナットのように小さなパーツにも振動減衰特性に極めて優れた航空機の機体にも使用されるジュラルミンの無垢材を削り出して使用しています。バランスタイプに装備されるXLRコネクターのピンにも同じベリリウム銅50およびテルル銅を採用。ダイレクトロジウムメッキを施して仕上げています。RCA、XLRコネクターともにボディ本体はアルミニウム合金の無垢材からの削り出しによって製造し、さらに内部パーツには高品位真鍮、外部にはカーボンファブリックを採用するなど、多種素材の適切な組み合わせにより広帯域にわたって制振特性の際立って優れた超高音質コネクターとなっています。

D.U.C.C. 7N Cu :Dia Ultra CrystallizedCopperは三菱電線工業株式会社開発によるオーディオケーブル用高純度銅導体で、結晶粒を一般的な純銅の数十倍以上まで大きく成長させ、かつ結晶格子の方向性を揃えた素材です。結晶粒は大きいほど結晶粒界(結晶と結晶の境界面)が少なくなり、音質上のメリットは大きいのですが、金属の結晶には方向性がありこれも揃える必要がありました。X線照射による解析現象によりその方向性は観測できますが、母線、伸線工程、アニール(焼鈍)などの製造工程を最適化することで「オーディオ信号の伝送に最適な方向性」を具えた極めて優れた線材が完成したのです。

独創のストレスフリーの7N Cu : アクロリンクのストレスフリー製品は独自の特殊焼鈍処理と高純度銅の特性により、あまりに大きな外部応力でない限りセルフアニール現象で組織を健全な状態に復元することを実現した世界でも唯一のケーブルです。伸線加工後の加熱処理時点で原子配列の転移は通常の4N銅に比べ1/10億のオーダーを達成、結晶粒の数も1/80〜1/100となっています。さらに電流が流れることによってエ一ジング=セルフアニール環境が促進され残留歪が減少し組織が健全に回復して、より高音質化するのです。

外形寸法
: 11.0mm(直径)

導体
: 7N Cu D.U.C.C. Stressfree 0.26φ×19本撚り 2本(白・右巻き/黒・左巻き)

絶縁体 : 高分子ポリオレフィン系樹脂

内シース : ハイブリッド高分子ポリオレフィン系樹脂(タングステン+アモルファス混合)

シールド : 銅箔テープ+7N銅線編組+ノイズビートテープ+UEW編組

外シース : 耐UVポリウレタン

導体抵抗 : 18mΩ/m

静電容量 : 56pF/m

インピーダンス特性 : 110Ω(XLR・AES/EBU)

RCAコネクター
センターコンタクト
: ベリリウム銅50
コールド
: リン青銅
メッキ : 2回磨き上げた後、銀メッキ(1.5μ)+ロジウムメッキ(0.3μ)
ボディ : アルミニウム合金+カーボンファブリック+ジュラルミン

XLRコネクター
コンタクトピン
: オス側:テルル銅 メス側:ベリリウム銅50
メッキ : ダイレクトロジウムメッキ
ボディ : アルミニウム合金+真鍮+カーボンファブリック

ACROLINK関連製品はこちらから

メーカー(代理店)からのお取り寄せ商品でございます。納期については最短でお調べしますのでお気軽にお問い合わせ下さい。納品についても最短時間を心がけておりますがお時間を頂戴する場合もございます。メーカー(代理店)にて品切れの場合もございますが、その場合は次回入荷迄お待ちいただく事になります。30万円以上の商品、お買い物合計金額が2万円以下の場合は代金引換のご利用は頂けません。掲載画像はシリーズの代表画像を参考として掲載する場合がございます。必ずしも商品名と一致しない場合がございます。予めご了承下さい。オーディオユニオンが出品している新品の商品は正規品未開封のものです。展示機の場合はその都度表記しております。消耗品や故障についてもお気軽にお問い合わせ下さい。海外発送は行っておりません。送料無料・代引き手数料無料!!