2019-08-27
カテゴリトップ>P.A.>マイク>コンデンサーマイク
Townsend Labs / SPHERE L22 - デュアルカプセルコンデンサーマイク -

Townsend Labs / SPHERE L22の事ならフレンズにご相談ください。

Townsend Labs / SPHERE L22の特長!
デュアルカプセルコンデンサーマイクとDSPプラグインからなる“リマイク”モデリングシステムSPHERE L22登場!

Townsend Labs / SPHERE L22のココが凄い!
SPHERE L22は、フラットな特性を持つデュアルカプセル仕様のコンデンサーマイクとプラグインから構成されています。

Townsend Labs / SPHERE L22のメーカー説明

Townsend Labs Sphere L22 は、人気のラージダイアフラムコンデンサーマイクの特性を驚異の精度でモデリングしたマイクロフォンシステムです。録音後であっても様々なマイクやパターンの選択が行えるという魅力も備えています。

Sphere システムは、高精度のデュアルチャンネルマイクロフォンと Sphere DSPプラグイン (UAD、VST、AU、AAX Native 対応) との組み合わせによって、トランジェント・レスポンス、倍音、近接効果、そして3次元の指向特性といった幅広いマイクの反応を正確に描き出します。

■Sphere L22 があれば実現します:
・夢のマイクコレクションでレコーディング。
・マイクの種類、極性パターン、その他マイクの特性を収録後でも変更可能!
・ボーカリストを疲れさせることなく、様々なマイクのオーディションが可能。
・Off-Axis Correction による吹かれや望ましくない部屋鳴り等による着色、その他一般的な問題の軽減。
・1本のマイクでステレオレコーディング。

■想像を超えるマイクロフォン・モデリング技術
Sphere の3次元アプローチは、これまでいかなる製品であっても不可能であった様々なマイクロフォンの空間的なニュアンス、近接効果、軸外の周波数特性などを見事に捉えます。

■夢のコレクション
47(VF14チューブを装備)、67、M49、C12 を含む、まさに「オールタイムベスト」なマイクロフォンがいつでも扱えます。

■Sphere L22 マイクロフォン
Sphere システムの核となるのは、3次元のサウンドフィールドを細部に至るまで精密にキャプチャーできるようカスタム設計された高解像度のデュアルチャンネル "L22" ラージダイアフラムコンデンサーマイクです。極めて精巧に製造される L22 によって、モデリングのレベルは一貫して正確です。

■リアルタイム UAD プロセッシング
Universal Audio Apollo と併用した場合、極めて低いレイテンシー (96kHzラウンドトリップで約1.6ms) でのリアルタイムパフォーマンスを実現します。また、AAX Native、VST、AU もサポートしています。

■極性パターンモデリング
Sphere は対象となるマイクの3次元特性を捉えるため、ヴィンテージマイクロフォン固有の魅力とそのサウンドに欠かせない極性パターンやその他の軸外特性を正確に再現します。

■Sphere で収録したトラックでリマイク
トラッキングの前もしくは後に関わらず、マイクの種類、極性パターン、およびその他の設定をいつでもお好みで変更することができます。

■近接効果の調整
近接効果によって低域が強調され過ぎている、あるいは物足りないと感じた場合であっても、マイク本体を動かす必要はありません。テイクごとにマイクからの距離が変化しがちなボーカルのパンチングの際に効果的です。

■デュアルマイクモデル
Sphere プラグインのデュアルモードでは、トラッキングの前もしくは後に関わらず、1本の L22 マイクから2本の仮想マイクモデルを位相の問題なくミキシングすることができます。また、"Align" コントロールにより、2本のマイクの相対的な位相を調整することもできます。

■マイク1本でステレオ録音
Sphere L22 マイクロフォンは、ステレオ録音にも対応します。
Sphere 180 プラグインを使用することで、左右のチャンネルで同じ、もしくは異なるマイクモデルでのステレオ録音を行うことが可能です。

■アクシスシフト
マイク軸を仮想的に回転させ、トラッキングの前または後に、オフアクシスのサウンドを付加することができます。

■Off-Axis Correction (オフアクシス補正)
トラッキング前後における吹かれ、望ましくない被り、不快な部屋鳴り等による着色、フィードバックの影響を軽減し、正確な極性パターンを得るための機能です。

■極性メーター
Sphere プラグインには、視認性抜群の (そして最高にクールな) 極性メーターが用意されており、マイクで捉えたサウンドの方向とレベル、そして選択されている極性パターンをダイナミックに表示します。

■低ノイズ設計
もちろん、正確なモデリングの実現のためには、マイク本体が高性能でなければなりません。セルフノイズレベル : 7dB-A SPL は、ほとんどのヴィンテージマイクよりもはるかに優れ、多くの高性能な最新マイクロフォンに匹敵するものです。

■高いSPLへの対応
L22 は、クリッピングするまでに140dB以上のSPLをハンドリング可能です。いくつかのヴィンテージマイクのように高いSPLやエアーブラストによって致命的なダメージを受けることはないでしょう。

Townsend Labs / SPHERE L22の仕様

【付属アクセサリー】
・ステレオブレイクアウトケーブル (3m)
・ショックマウント
・スイベルマウント
・ハードキャリングケース
・ダストカバー (ビロード素材)

【Sphere L22 マイクロフォン】
・等価ノイズレベル : 7 dB-A
・最大SPL @ 0.5% THD : 140dB (-20dBパッドオン)
・パッドアッテネート : -10dB / -20dB
・感度 : 22mV/Pa
・出力端子 : 5ピン XLRオス
・ブレイクアウトケーブル (3m) : 5ピン XLRメス - 3ピン XLRオス x 2
・本体重量 : 770 g
・外形寸法 : 63 mm (直径) x 225 mm (長さ)
・出力インピーダンス : 200Ω
・推奨負荷インピーダンス : 1k Ω以上
・ファンタム電源 :
- 電圧 : 44 ~ 52V (チャンネル毎)
- 消費電流 : 5mA (チャンネル毎ティピカル、8mA @ 最大SPL)

【Sphere DSP プラグイン】
■対応フォーマット
・UAD
・AAX Native
・VST2
・VST3
・Audio Units (Mac)

■対応OS
ネイティブ (AAX、VST、AU)
・Mac OSX 10.8.5 以降
・Windows 7 以降

Apollo インターフェイスと UAD-2 ハードウェア(AAX、VST、AU、RTAS)
・Mac OSX 10.9.5以降
・Windows 7 以降

■システム条件
・4GB以上のRAMメモリ
・200MB以上の空きディスク容量
・1024 x 768以上の表示領域を持つディスプレイ
・インターネット接続 (ソフトウェアのダウンロードに必要)
・ファンタム電源を供給可能な2チャンネル以上の入力を備えるマイクプリアンプ
・AAX、VST2、VST3、AU および UAD プラグイン形式に対応するホストアプリケーション (DAW)

■付属するマイクロフォンモデル
・LD-47
・LD-49
・LD-67
・LD-87
・LD-12
・LD-251
・LD-800
・SD-451
・RB-4038
・DN-57
・Sphere Linear

全て新品。ケーブル・消耗品以外メーカー1年保証書付のでご安心してお買いもの頂けます。




Townsend Labs / SPHERE L22の事ならフレンズにご相談ください。

SPHERE L22

SPHERE L22

Townsend Labs / SPHERE L22の特長!
デュアルカプセルコンデンサーマイクとDSPプラグインからなる“リマイク”モデリングシステムSPHERE L22登場!

Townsend Labs / SPHERE L22のココが凄い!
SPHERE L22は、フラットな特性を持つデュアルカプセル仕様のコンデンサーマイクとプラグインから構成されています。

Townsend Labs / SPHERE L22のメーカー説明

Townsend Labs Sphere L22 は、人気のラージダイアフラムコンデンサーマイクの特性を驚異の精度でモデリングしたマイクロフォンシステムです。録音後であっても様々なマイクやパターンの選択が行えるという魅力も備えています。

Sphere システムは、高精度のデュアルチャンネルマイクロフォンと Sphere DSPプラグイン (UAD、VST、AU、AAX Native 対応) との組み合わせによって、トランジェント・レスポンス、倍音、近接効果、そして3次元の指向特性といった幅広いマイクの反応を正確に描き出します。

■Sphere L22 があれば実現します:
・夢のマイクコレクションでレコーディング。
・マイクの種類、極性パターン、その他マイクの特性を収録後でも変更可能!
・ボーカリストを疲れさせることなく、様々なマイクのオーディションが可能。
・Off-Axis Correction による吹かれや望ましくない部屋鳴り等による着色、その他一般的な問題の軽減。
・1本のマイクでステレオレコーディング。

■想像を超えるマイクロフォン・モデリング技術
Sphere の3次元アプローチは、これまでいかなる製品であっても不可能であった様々なマイクロフォンの空間的なニュアンス、近接効果、軸外の周波数特性などを見事に捉えます。

■夢のコレクション
47(VF14チューブを装備)、67、M49、C12 を含む、まさに「オールタイムベスト」なマイクロフォンがいつでも扱えます。

■Sphere L22 マイクロフォン
Sphere システムの核となるのは、3次元のサウンドフィールドを細部に至るまで精密にキャプチャーできるようカスタム設計された高解像度のデュアルチャンネル "L22" ラージダイアフラムコンデンサーマイクです。極めて精巧に製造される L22 によって、モデリングのレベルは一貫して正確です。

■リアルタイム UAD プロセッシング
Universal Audio Apollo と併用した場合、極めて低いレイテンシー (96kHzラウンドトリップで約1.6ms) でのリアルタイムパフォーマンスを実現します。また、AAX Native、VST、AU もサポートしています。

■極性パターンモデリング
Sphere は対象となるマイクの3次元特性を捉えるため、ヴィンテージマイクロフォン固有の魅力とそのサウンドに欠かせない極性パターンやその他の軸外特性を正確に再現します。

■Sphere で収録したトラックでリマイク
トラッキングの前もしくは後に関わらず、マイクの種類、極性パターン、およびその他の設定をいつでもお好みで変更することができます。

■近接効果の調整
近接効果によって低域が強調され過ぎている、あるいは物足りないと感じた場合であっても、マイク本体を動かす必要はありません。テイクごとにマイクからの距離が変化しがちなボーカルのパンチングの際に効果的です。

■デュアルマイクモデル
Sphere プラグインのデュアルモードでは、トラッキングの前もしくは後に関わらず、1本の L22 マイクから2本の仮想マイクモデルを位相の問題なくミキシングすることができます。また、"Align" コントロールにより、2本のマイクの相対的な位相を調整することもできます。

■マイク1本でステレオ録音
Sphere L22 マイクロフォンは、ステレオ録音にも対応します。
Sphere 180 プラグインを使用することで、左右のチャンネルで同じ、もしくは異なるマイクモデルでのステレオ録音を行うことが可能です。

■アクシスシフト
マイク軸を仮想的に回転させ、トラッキングの前または後に、オフアクシスのサウンドを付加することができます。

■Off-Axis Correction (オフアクシス補正)
トラッキング前後における吹かれ、望ましくない被り、不快な部屋鳴り等による着色、フィードバックの影響を軽減し、正確な極性パターンを得るための機能です。

■極性メーター
Sphere プラグインには、視認性抜群の (そして最高にクールな) 極性メーターが用意されており、マイクで捉えたサウンドの方向とレベル、そして選択されている極性パターンをダイナミックに表示します。

■低ノイズ設計
もちろん、正確なモデリングの実現のためには、マイク本体が高性能でなければなりません。セルフノイズレベル : 7dB-A SPL は、ほとんどのヴィンテージマイクよりもはるかに優れ、多くの高性能な最新マイクロフォンに匹敵するものです。

■高いSPLへの対応
L22 は、クリッピングするまでに140dB以上のSPLをハンドリング可能です。いくつかのヴィンテージマイクのように高いSPLやエアーブラストによって致命的なダメージを受けることはないでしょう。

Townsend Labs / SPHERE L22の仕様

【付属アクセサリー】
・ステレオブレイクアウトケーブル (3m)
・ショックマウント
・スイベルマウント
・ハードキャリングケース
・ダストカバー (ビロード素材)

【Sphere L22 マイクロフォン】
・等価ノイズレベル : 7 dB-A
・最大SPL @ 0.5% THD : 140dB (-20dBパッドオン)
・パッドアッテネート : -10dB / -20dB
・感度 : 22mV/Pa
・出力端子 : 5ピン XLRオス
・ブレイクアウトケーブル (3m) : 5ピン XLRメス - 3ピン XLRオス x 2
・本体重量 : 770 g
・外形寸法 : 63 mm (直径) x 225 mm (長さ)
・出力インピーダンス : 200Ω
・推奨負荷インピーダンス : 1k Ω以上
・ファンタム電源 :
- 電圧 : 44 ~ 52V (チャンネル毎)
- 消費電流 : 5mA (チャンネル毎ティピカル、8mA @ 最大SPL)

【Sphere DSP プラグイン】
■対応フォーマット
・UAD
・AAX Native
・VST2
・VST3
・Audio Units (Mac)

■対応OS
ネイティブ (AAX、VST、AU)
・Mac OSX 10.8.5 以降
・Windows 7 以降

Apollo インターフェイスと UAD-2 ハードウェア(AAX、VST、AU、RTAS)
・Mac OSX 10.9.5以降
・Windows 7 以降

■システム条件
・4GB以上のRAMメモリ
・200MB以上の空きディスク容量
・1024 x 768以上の表示領域を持つディスプレイ
・インターネット接続 (ソフトウェアのダウンロードに必要)
・ファンタム電源を供給可能な2チャンネル以上の入力を備えるマイクプリアンプ
・AAX、VST2、VST3、AU および UAD プラグイン形式に対応するホストアプリケーション (DAW)

■付属するマイクロフォンモデル
・LD-47
・LD-49
・LD-67
・LD-87
・LD-12
・LD-251
・LD-800
・SD-451
・RB-4038
・DN-57
・Sphere Linear

全て新品。ケーブル・消耗品以外メーカー1年保証書付のでご安心してお買いもの頂けます。



デュアルカプセルコンデンサーマイクとDSPプラグインからなる“リマイク”モデリングシステムSPHERE L22登場!